あゆみ

社名に「理想」をかかげ、謄写印刷業から印刷機材メーカーへと発展した、現在までのあゆみを紹介します。

昭和20年代 − 創業 社名にかかげた「理想」めざして

昭和21年9月 東京都世田谷区若林町で謄写印刷業開始、理想社と称す

RISOインク
RISOインク

昭和23年9月 東京都中央区日本橋兜町に営業所開設、理想印刷社と称す
昭和27年3月 本邦最初のタイプ印刷設備を英国より輸入、タイプ印刷の営業開始
昭和29年6月

本邦最初のエマルジョンインク「RISOインク」を完成、製造工場を新設、生産販売を開始

昭和30〜40年代 − 会社設立/我等が理想は誠実と創造による勝利

昭和30年1月 理想印刷社を発展的に解消し、株式会社理想科学研究所を設立

RISOグラフ
RISOグラフ

昭和33年12月 謄写版「RISOグラフ」完成発売
昭和38年1月 理想科学工業株式会社と社名変更
昭和40年7月 霞ヶ浦工場竣工、8月より操業開始
昭和42年5月 孔版自動製版機「RISOファックスJF-7」発売
昭和43年8月 本社を港区新橋2丁目に移転
昭和44年5月 「RISOファックスJF-8」発売
昭和44年6月 地方営業所開設(札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)
昭和47年5月 OHP用フィルム製版機「RISO トラペンアップTU-230」発売
「RISOオーバーヘッドプロジェクター750」発売
昭和49年2月 「RISOゼノファックスFX-150」および
「RISOゼノマスター」発売

このページのトップへ