環境会計

2013年度の状況および集計結果

2013年度は2012年度と比較し、地球温暖化防止対策のコスト(投資額+費用額)が、8,291千円増加しました。継続して省エネ効果の高い空調機や照明への入れ替え、屋根の遮熱塗装の導入など積極的な投資を行いましたが、経済効果は1,977千円の減少となりました。
リユース機の生産量が増加したため、省資源・リサイクルの推進のコストが75,168千円増加、経済効果は108,360千円増加しました。
現在、省資源を進めるとともに、経済効果をあげるようリユースパーツの運用拡充を進めています。

対象期間:
2013年度 (2013年4月1日〜2014年3月31日)
集計範囲:
理想科学工業株式会社国内事業所(筑波事業所、霞ヶ浦事業所、宇部事業所、理想開発センター(開発技術センター、若栗事業所)、本社部門および営業拠点)
なお、営業拠点については、「省資源・リサイクル」「EMS構築・運用管理」を集計対象としています。 開発技術センターと若栗事業所は2013年5月までの集計になります。

(単位:千円)

活動の区分 分類 環境保全コスト 環境保全効果
環境保全活動 投資額 費用額 経済効果 内容
地球温暖化防止対策
  • 燃料消費削減
  • 電力消費削減
  • 高効率ボイラーへの更新、モーダルシフトの実施
  • 省エネ機器の導入など
48,746 70 2,243
  • 製造、輸送時のCO2削減
  • 電力使用量の削減
省資源・リサイクルの推進
  • 使用済み製品の有効活用
  • 廃棄物の有効活用
  • 廃棄物の処理
  • 使用済み製品の回収・リサイクル
  • 廃棄物の分別・再資源化
0 597,599 503,347
  • リユースによるコストダウン
  • 再資源化率向上
環境コミュニケーション
  • 製品の環境情報提供
  • 環境への取り組みに関する情報提供
  • 環境ラベルの取得
  • 環境報告書の発行
  • 展示会への出展
0 17,201 0
  • エコマーク商品認定など
  • 環境報告書発行、Web訂改など
緑地
  • 緑地の美化・維持
  • 緑地の美化・維持
0 3,359 0
  • 緑地の美化、維持
法規制遵守
(公害防止対策、環境汚染防止)
  • 遵法活動(水質・大気など)
  • 法規制の動向把握
  • 排水の管理
  • 排ガスの管理
  • 設備の点検・保守
  • 法規制の監視
0 24,011 0
  • 環境保全活動
  • 国内外法規制動向の調査・把握
グリーン調達
  • 原材料、部品の環境情報の収集及び登録
  • REACH他環境情報システムの運用
0 12,259 0
  • 環境情報の更新、維持管理
EMS構築・運用管理活動
  • ISO
  • ISO14001認証取得、維持管理
0 4,740 0
  • ISO14001:2004認証更新、維持管理
総計     48,746 659,239 505,590  

集計の方法・考え方

  • 環境保全コストや経済効果の把握の仕方は、環境省の「環境会計ガイドライン(2005年版)」を参考にしています。但し、コスト分類については、当社独自の分類に合わせて変えています。また、環境保全コストの費用額に減価償却費は含めていません。効果については、実質的効果(確実な根拠に基づいて算定される)といわれる収益と費用節減を計上しています。実質的効果以外の推定的効果は計上していません。
  • 詳細については、環境経営報告書をご参照ください。
    環境経営報告書はこちら >>

このページのトップへ