HOME > 企業情報 > 製品の環境対応 > 製品の環境対応 > 環境ラベル等製品環境情報の提供

環境ラベル等製品環境情報の提供

当社は、製品における環境配慮がますます求められていることを踏まえ、製品の環境ラベルの取得ならびに情報開示を積極的に進めています。

【ご参考】環境ラベルの種類について

  • TYPE I:第三者機関が環境配慮型製品の認定基準をつくり、その基準に沿ってラベルの使用が認められます。
  • TYPE II:自社製品がどのような環境配慮を行っているかを、シールやマーク、広告宣伝などを利用して企業が自己宣言したものです。
  • TYPE III:製品のライフサイクル全体を通して消費する資源やエネルギー、地球温暖化負荷等を定量化したデータで表示したものです。データの判断は読者に委ねられます。

SDS( 安全データシート )

化学製品を安全にお取り扱いいただくために、製品に含まれる物質やお取り扱い上の注意点などを記載した資料を作成、公開しています。SDSは、一般的に「MSDS」と呼ばれていましたが、国際整合の観点から、GHSで定義されている「SDS」に統一されました。