情報開示方針

  1. 基本方針

    当社は、金融商品取引法などの関連諸法令および上場証券取引所の開示規則に則った、公平・公正な情報開示を行います。さらにこれらの法令および規則に係わらず、株主や投資家の皆様に当社を理解していただくために有効と思われる情報については、適時適切かつ積極的に情報を開示する様に努めます。

  2. 情報の開示方法

    当社の情報は、その種類に応じて、金融庁が提供する「EDINET」(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)および東京証券取引所が提供する「TDnet」(適時開示情報伝達システム)を通じて公開いたします。またTDnetで情報公開する場合には東京証券取引所内記者クラブ(兜倶楽部)を通じ、報道機関への公表を行った後、当社ホームページに速やかに掲載いたします。

  3. 将来の見通しについて

    当社が発行する書面、ホームページ掲載内容等には、業績予想、計画、戦略、目標などが含まれる場合があります。これらの情報のうち歴史的事実以外のものは、作成時点で入手可能な情報に基づき作成したものであり、リスクや不確実性を含んでいます。そのため、今後の当社を取り巻く経済環境・事業環境などの変化によってこれらと異なる結果になる可能性があります。

  4. 沈黙期間について

    当社では、決算関連情報がその発表前に漏洩することを防ぎ、公平性を確保する為に、決算期日(中間および四半期含む)の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」とし、この期間中は決算に関する質問への回答およびコメントを差し控えることとしています。

制定 平成19年10月1日

このページのトップへ