電気電子系開発

研究・開発部門 電気電子系開発
電気電子系開発の仕事

当社製品は、発売以来、年々進化を続けています。そこでは、色々な分野の技術が融合し、それぞれが進化していくことを求められます。なかでも電気電子系の技術者は、電気回路/基板設計などによって、印刷機の安定した動作を実現してくことが大きな役割です。当たり前のように思われていますが、製品を常に最良の状態で支障なく動かすことはとても重要なのです。
伏見 隆弘の場合 2003年入社 P&Dセンター RP事業開発部
Q.どんな仕事をしているの?

私は現在、「リソグラフ」の新製品開発プロジェクトに参加しています。担当は、印刷機本体のシステム制御を行う基板の設計です。まず全体構想から始まり、回路図作成、パターン設計を経て、基板を試作、その動作確認・評価を実施して、改善を加えていくというのが仕事の流れです。ポイントとなるのは“設計品質”です。それは、基板の心臓部であるCPUからの信号をいかにスムーズに流し、支障なく回路を動作させることができるかにかかってきます。印刷機全体のシステム制御のために、信号を的確にコントロールすることが、基板設計の大きなテーマといえます。

Q.一番大きなやりがいは何ですか?

当社は、個人のアイディアを、直接製品に反映することが出来る会社だと思います。つまり、オリジナリティにあふれた設計ができるということ。これは技術者にとってはやりがいの一つだと思いますね。また、特に開発の仕事は不可能だったことを可能にすることが常に求められてきます。そんな中、様々な技術的な課題に突き当たるもので、なかなか解決できずに悩むことも少なくありません。しかし周囲のスタッフと協力しながら課題を解決し、より良い製品として市場に出すことができたとき、仕事の大きな達成感とやりがいを実感します。

Q.「自分が大きく成長した」と思える仕事体験は?

基板設計に関わる技術者に共通するとは思いますが、自分で初めて回路図を書き、それが実際の基板になるときは、非常に緊張するものです。果たして、狙いどおりに動くかどうか。ですから、当初の構想通りに一回で作動したときはとても嬉しく、感慨深いものがありました。また、当社ではお客様のニーズを把握するため、技術者が訪問をして、直接ヒヤリングすることがあります。先日は、ヨーロッパのお客様にお目にかかりました。製品に対する海外のお客様の声を聞くことができ、そして「リソグラフ」が世界で活躍していることを目の当たりにしました。自分の仕事がお客様から評価していただいているように感じ、大変感激しました。

Q.今後の目標について聞かせてください。

入社以来、基板開発をメインの業務にしています。CPUは単純なものから高性能なものまで幅広く携わってきました。その他、色々な種類のセンサーを用いた用紙検出に関する業務や、評価に必要なプログラミング技術の習得なども行ってきました。今後は、さらなる基板設計の技術向上に努めつつ、孔版印刷機のみならず、新しい分野にも挑戦していきたいと思っています。また、エネルギー消費の効率化など、個別の技術テーマにも貪欲に取り組んでいきたいと考えています。

社員の写真
伏見 隆弘(ふしみ たかひろ)
2003年入社 P&Dセンター PR事業開発部 生産工学部電気電子工学科卒
大学時代にスキーのインストラクターの資格を取得した。そのため冬の休日はスキーに出かけることが多い。それ以外は、愛娘と遊ぶことが一番の楽しみでありリフレッシュ。
ある日のスケジュール
社員の写真 理想科学に入社を決めた理由

大学での専攻は電気工学。そのため就職に際しては、大学で学んだ専門知識を活かすことができる、電気回路設計の仕事に絞って活動を進めました。また、一般の人の目に触れる製品の開発に携わりたいという希望もありました。理想科学は、世の中にない独創的な製品を創り出している会社であることに加え、面接の雰囲気から、自分の意見や考えを盛り込んだ製品開発ができるという印象を強く受けました。ここには自分が活躍できる場があると感じたのが、最終的に入社を決めた理由です。

2018年度新卒エントリー受付中!「新卒採用マイページ」の登録はこちらから

このページのトップへ