化学系開発

研究・技術部門 化学系
化学系の仕事

理想科学がメーカーとしての第一歩を踏み出したのが、インク開発(エマルジョンインク)という"化学"の領域からでした。そこから始まった長い伝統と技術を継承し、「リソグラフ」や「オルフィス」に使用されるインクの進化・成長に日々取り組んでいます。また、孔版印刷のマスター(版の部分)や印刷には欠かせない用紙も化学系の重要な業務で、高速印刷・高画質の実現に重要な役割を果たしています。
山本明子の場合 2004年入社 開発本部 K&I SU開発部
Q.どんな仕事をしているの?

私はインクの開発を担当しています。具体的には顔料、溶剤、添加物などの様々な物性を検討して処方を考え、インクを試作して評価を行います。なかでも私が着目しているのが、色を出すための顔料です。元々、分散しにくい顔料自体に、添加剤と同じ働きをする分散機能や安定機能を持たせ、どんな条件下でも安定した品質を保てる高性能なインクを作製しようとしています。また、ベースとなる4色インクで、どれだけの範囲の色を再現できるかということも重要なテーマです。「速くて、鮮明で、低コスト」。こうした高機能で高品質なインクを作りだすため、日々、要素研究に没頭しています。

Q.一番大きなやりがいは何ですか?

現在、社内で今まで取り組んだことのない新しい技術手法を用いて、大学の先生と共同で要素研究を行っています。そこでの成果を定期的に所属部署に報告を行いますが、上司や仲間にその新しい技術手法を認めてもらえることが今は一番のやりがいです。自分で研究テーマを見つけ、調べ、検討し、評価するなどの一連の仕事を自由にやらせてもらえる企業風土に満足しています。今はまだ遠い夢ですが、自分が要素検討を行ったデータが、やがて開発段階に移り、将来、お客さまに喜んでいただける身近な製品にまでつながっていけたらと思います。

Q.「自分が大きく成長した」と思える仕事体験は?

ひとつの技術に2年半打ち込み、開発段階に進めないという経験をしたことがありました。そのとき、もう一度何とかならないかと毎日いろいろな角度から考え、何度も検討を繰り返しました。自分の力不足を痛切に感じながらも、周りの仲間と上司に支えられ、出来うる限りの対策を施しましたが、結果としては満足のいく機能が発揮できずにやむなくその技術を断念しました。しかし、改めて何が足りなかったかということを冷静に知ることができ、そこから次の研究テーマがはっきりと見えてきました。この体験を通して大きく成長できたこと、そして学んだことは、今でもしっかりと生きています。

Q.今後の目標について聞かせてください。

入社して半年は研修とオルフィスのインク開発を経験しました。その後の3年半はずっとインクの要素研究を行ってきました。10年後にどんなインクが必要になるのか? そんなことを考えながら日々仕事をしています。目標はもちろん、自分の作ったものが製品になること。まだまだ遠い目標ですが、頑張って実現させたいです。そして自身の研究者としての目標は、今まで以上に率先して社外の研究機関に働きかけること、そして自らが情報を取りにいくことです。理想科学は昔から培われてきた確固たる技術と、新しい技術の開発が同時進行されているので、研究者にはとても有利な環境だと思っています。

社員の写真
山本 明子 (やまもと あきこ)
2004年入社 開発本部 K&I開発センター SU開発部
自然科学研究科 生産システム専攻修了
休日は、運動不足解消のためWii Fitにはまっている。無茶なポーズも意外と楽しいとか。普段は男性が多い職場で働いているためか、月一度の料理教室では奥様方に囲まれ気分転換をはかっている。
ある日のスケジュール
社員の写真 理想科学に入社を決めた理由

大学3年の夏休み、ある会社のインターンシップに参加しメーカーの研究者になりたいと思うようになりました。最初は地元メーカーを志望していましたが、試験を受けた会社の多くは、男女平等でない雰囲気で入社したいと思えませんでした。その後たくさんの企業調査をするなかで偶然、理想科学のHPを発見。「世界に類の無いものを創る」という言葉に強く惹かれ、この会社に決めました。実際、女性でも若くても第一線で働かせてもらえて、今ではそれが非常に有り難く、大きなやりがいを感じています。

2018年度新卒エントリー受付中!「新卒採用マイページ」の登録はこちらから

このページのトップへ