生産

グローバルサプライチェーンを構築し、世界中のお客様に最良の品質をお届けして います

世界中で高い評価を受けている「RISOブランド」。国内の茨城県、山口県に加え、海外では中国、タイに生産拠点を配置。生産のグローバル化が進む中、国内の生産技術を海外でも応用し、スムーズな生産立ち上げや量産維持を実現するために、海外生産拠点での技術指導を行っています。グローバルサプライチェーンを構築し、材料の調達から出荷に至るすべての流れの中で、ものづくりのあり方を徹底的に追求しています。

課題の共有化と早期解決をめざしたコンカレントエンジニアリング手法の導入もそのひとつです。製造部門は研究開発の早い段階から開発部門と連携し、安定した品質で効率よく量産できる生産体制を構築しています。

量産の維持と品質を標準化するために、3D CADを使って治具(生産するための道具)を設計し、自社製作しています。また、生産全体が効率よく流れるようシミュレーションし、生産ラインの設計も行っています。

生産計画でも、営業部門と製造部門が細かく分析した市場データを共有し、フレキシブルに実行しています。必要なものを、必要なときに、必要な量だけ生産することで、市場のニーズに柔軟に対応するとともに、省資源・省エネルギーと環境負荷の低減に努めています。

このページのトップへ