HOME > 製品情報 > 高速カラープリンター オルフィス > オルフィスFWシリーズ > 特長3:作業効率を高める便利な機能

特長3:作業効率を高める便利な機能

ORPHIS FW 5230/5230A/5231 コンパクト・ハイスピードでオフィスに高い生産性を。

プリントデータやコピーデータをボックス保存

プリントデータやコピーデータを本体内蔵ハードディスクに保存しておき、必要に応じて再プリントすることができます。 保存データには文書名を付けて管理することができ、プリント時には操作パネルでサムネイルを確認して選択することができます。

  • コピー機能のご利用にはオプションのORスキャナーHS7000とスキャナースタンド(HS7000)が必要です。

紙 コピーデータ PC プリントデータ 保存 必要に応じてプリント

グループごとに必要部数を登録できるプログラム印刷

グループごとに部数や組数、ソートなどをプログラム登録しておけば、必要な部数を必要な組数だけ手早くプリントできます。部数は9,999まで、組数は99まで入力でき、プリントを配布する際の手間を軽減できます。

  • プログラムオフセット排紙の利用には、オフセット機能を有する排紙トレイが必要です。

複数ページの一覧表示や用紙節約に役立つページ集約/連写

複数ページを1枚におさめるページ集約や、同一原稿を縮小して1枚の用紙に複数割り付ける連写で用紙の節約が可能です。

ページ集約 連写

仕分けを簡単にする合紙/表紙付けFW5230/FW5230A

合紙 表紙付け

大量プリント時に、自動で合紙を入れられます。合紙には数字やアルファベットの印字が可能です。また、表紙や裏表紙として本文とは異なる用紙を、指定のトレイから挿入し丁合することもできます*1。ページごとトレイ指定機能*2を使うと、ページごとに用紙トレイを指定し、プリントすることができます。

  • *1:表紙や裏表紙にプリントすることはできません。
  • *2:オプションのOR-PostScriptキットが必要です。
  • FW5231は対応しません。

コピー/スキャン時のページ分割機能

左側のみ 両側 右側のみ

小冊子などのコピー/スキャン時に見開きの左右のページを1ページずつ読み取り保存することも可能。原稿ズレや原稿浮きによる画像劣化を抑えられます。

バーコードの読み取りに適した濃度でプリント

バーコードエリア外はプリンタードライバーの設定を反映 バーコードは最適な濃度でプリント

バーコードの印字領域を自動検出*1し、バーコードの読み取りに適した濃度でプリントできます。

  • *1:付属のアプリケーションをご使用ください。
  • プリンタードライバーのみの機能です。

マゼンタ・シアンの単色プリントが可能

マゼンタ単色 シアン単色 ※イラストはイメージです。

マゼンタまたはシアンのプリント単価は0.44円*1。コストを抑えてインパクトのある単色チラシやリーフレットを作ることができます。

  • *1:FW5230/5231の場合。A4普通紙片面、RISO FWインク F使用時。測定画像にISO/IEC19752に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。用紙代別。

保存したフォームにデータを合成するフォーム合成機能オプション

フォームにデータベースの情報を差し込んでプリントします。*1

帳票の様式など、定型フォームを本体に登録しておき、後から可変データを合成してプリントすることができます。フォームと可変データを白紙のカット紙に一度にプリントできるので、帳票専用用紙にかかっていたコストを低減できます。

  • *1:差し込み印刷機能を有するアプリケーションをご使用ください。
  • オプションのOR-PostScriptキットが必要です。

その他のオフィスプリントを快適にする機能

  • カラー/白黒自動判別
  • 周囲最小余白3mmのプリント領域*1
  • ページや日付印字が可能な「スタンプ機能」
  • コピー原稿サイズを自動検知*2
  • 急なコピーが必要なときに役立つ「割り込みコピー」*2
  • 原稿の地色だけを薄くする「地色除去」*2
  • 白紙ページを除いてプリントする「白紙節約」*3*4
  • 多部数プリントを効率よく丁合する「ソート」
  • 色紙台紙に貼る手間を省くページ罫線機能
  • プリント終了データ保持(管理者メニューで設定した場合)
  • ウォーターマーク印字
  • 確認プリント/コピー
  • *1:保証プリント面積は用紙の周囲から5mm内側の範囲です。
  • *2:ORスキャナーHS7000接続時のみの機能です。
  • *3:プリンタードライバーのみの機能です。
  • *4:ヘッダー・フッターの適用ページの場合は本文データがなくても白紙扱いになりません。

このページのトップへ