HOME > 製品情報 > 高速カラープリンター オルフィス > オルフィスGDシリーズ > 後処理の自動化 > 帳票出力・大量プリント

帳票出力・大量プリント

ORPHIS GD 大量プリント業務を効率的に処理

給紙の手間を軽減する OR大容量給紙ユニットⅡオプション

最大積載量4,000枚

一度に4,000枚*1の用紙を積載でき、大量プリント時の用紙補給の手間を軽減。OR大容量排紙ユニットⅡと組み合わせて使用すれば、最高160枚/分*2のスピードで、4,000枚の連続プリント*3が可能です。

  • *1:積載高440mm以下、理想用紙IJ(85g/m2)の場合。
  • *2:GD9630/GD9631の場合。
  • *3:A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント時。

動画を見る 動画を見る

用紙補充時の負担を軽減

OR大容量給紙ユニットⅡには、用紙積載量検知機能を搭載。設定した位置に自動で給紙台が昇降することで、用紙補充時の負担を軽減します。

幅広い用紙対応力

軽量紙・厚紙・封筒など、幅広い用紙に対応しています。また、最大通紙可能サイズは340mm×465mmで、A3サイズより大きめの用紙も給紙できます*1

  • *1:プリント領域はオルフィスGDの設定により異なります。

封筒給紙機能を標準装備

封筒給紙のための封筒給紙アタッチメント機能を標準装備。長4封筒から角0封筒まで、さまざまなサイズに対応しています*1

  • *1:封筒の種類によって対応しない場合があります。

このページのトップへ

大量プリントを効率的に処理する OR大容量排紙ユニットⅡオプション

最大4,000枚の連続排紙

最高160枚/分*1のスピードで最大4,000枚*2の連続排紙が可能。大量プリントをスピーディーに自動処理できます。

  • *1:オルフィスGD9630/GD9631の場合。A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント時。
  • *2:理想用紙IJ(85g/m2)、ノンソート時。オフセット排紙時は最大3,650枚。※写真はオフセット排紙時。

動画を見る 動画を見る

大量プリント後の運び出しを効率よく

用紙排出部には台車を装備。用紙の束を崩すことなく取り出せ、プリント後の運び出しを効率よく行うことができます。

オフセット排紙が可能

OR大容量排紙ユニットⅡは、最高110枚/分*1のプリントスピードでオフセット排紙が可能。プリント単位ごとに排紙位置をずらして排出し、部数の仕分けを簡単にします。

  • *1:オルフィスGD9630/GD9631の場合。50ページ原稿、A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント時。オルフィスGD7330は最高95枚/分。

オペレーションの負担を軽減

OR大容量給紙ユニットⅡとの連携により、大量プリント時の用紙切れによる給紙作業等の負担が少ないため、他の業務時間を確保できます。また、25分以上*1の連続プリントを可能にします。

  • *1:オルフィスGD9630/GD9631の場合。

大容量データを高速処理する
プリントコントローラー ComuColorExpress FS2000C〈2017年3月発売予定〉オプション

商業印刷で標準使用されているEFI社製Fieryコントローラーに対応。高速データ処理やカラープロファイル登録を実現し、生産性を高めます。

このページのトップへ

カタログのご請求、製品に関するお問合わせ

お問い合わせフォーム

お客様相談室 フリーダイヤル®0120-534-881

受付時間 10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)