ComuColorExpress IS900C

ComuColorExpress IS900Cは、Adobe®PostScript®3™を搭載したオルフィスXシリーズ専用の高機能プリントコントローラー(RIP)です。オルフィスXの高速性と経済性をフルに生かし、可変データや多ページ文書、DTPデータなどを効率よくプリントできます。 ※RIP=ラスター・イメージ・プロセッサー(画像生成出力装置)
※ComuColorExpress IS900CはInterstage Enabled(Basic認証)を取得しています。

販促物印刷・伝票出力
販促物印刷・伝票出力

■ 可変データを高速処理

顧客ごとに宛名や訴求内容を差し替えたDMなどを、高性能CPUでスピーディーに処理。
ONE to ONEマーケティングのツール作成に役立ちます。

■ 帳票出力を効率化

伝票や帳票類の定型データをフォーム登録し、1枚ずつ内容の異なる可変データと合成して出力できます。高速・低コストのオルフィスXで印刷すれば、請求書などの帳票出力業務を社内で効率化できます。

帳簿出力を効率化

※ポストスクリプト対応のバリアブルプリント用アプリケーションをお使いいただけば、より効率よく出力できます。

このページのトップへ

インプラント印刷
インプラント印刷

■ 多ページデータを快適処理

取扱説明書や教育、研修資料など、多ページ文書のアーカイブジョブを大容量ハードディスクに保存できます。また、中とじ製本や表紙付け、ページごとの給紙トレイ指定など仕上げまで、オルフィスXで自動化することが可能です。

※オルフィスX7200では、中とじ製本、表紙付け、ページごとトレイ指定はご利用になれません。また、オルフィスXに接続されている排紙オプションにより設定できる仕上げ機能が異なります。

■ 出力作業を簡略化

広報紙や報告書など、定期的に発行する書類の印刷設定をカスタムキューに登録し、いつも同じ設定で出力できます。ホットフォルダを作成すれば、ドラッグ&ドロップだけの操作でプリントでき、さらに簡単です。

※市販のディスプレイ、USB キーボード、USB マウスを接続することができ、オルフィスX で出力した印刷物を確認しながらプリントジョブを調整できます。

出力作業を簡略化

このページのトップへ

デザイン・プリントショップ
デザイン・プリントショップ

■ グラフィックデータ出力

PSデータやMac OSを使用して作成したデータにも対応。写真やイラストを多用したデザイン要素の高いグラフィックデータもスムーズに出力できます。また、速報など、即時性が要求される印刷物もタイムリーに出力できます。

グラフィックデータ出力

このページのトップへ

機能の紹介

プリントワークの効率化を実現する、さまざまな機能

フォーム合成

帳票の様式など、使用頻度の高いデータをプリントコントローラーにフォームとして登録しておき、あとからデータベース情報などの可変データをパソコンから送り、合成して出力することができます。

フォーム合成
ホールド
プリントデータをホールドに保存しておき、必要なときにホールドジョブの一覧から選択してプリントすることができます。ホールドデータは、用紙サイズを縮小して出力するなど、印刷設定の変更が可能です。
アーカイブ保存
 
カスタムキュー設定・ホットフォルダ

RIP処理したデータをアーカイブジョブに保存しておくことができます。頻繁に出力する多ページ文書をアーカイブ保存しておけば、再出力時の展開処理時間を短縮できます。
さらに、異なるアプリケーションで作成された複数のデータを1つのプリントジョブに結合 (マージ)して出力することも可能です。

 

独自の印刷設定を登録したカスタムキューを作成して、デスクトップにショートカットを置けば、ホットフォルダとして利用できます。画像などのデータをドラッグ&ドロップするだけで、アプリケーションを起動させずにプリントが可能。プリントするたびに設定を行う必要がなくなります。

アーカイブ保存   カスタムキュー設定・ホットフォルダ
     
ページごとトレイ指定
 
ヘッダー/フッター

ページごとに給紙トレイを指定できます。表紙の用紙と本文の用紙を異なるトレイから給紙して印刷することが可能です。

※オルフィス X7200ではご利用になれません。

 

原稿データにページ番号や任意の文字列を追加できます。PDFファイルで送られてきた配布用の資料にページ番号や配布日を追加したり、会社名や部署名等の文字を追加することが可能です。

ページごとトレイ指定   ヘッダー/フッター

このページのトップへ

その他の機能

■かんたんレイアウト

特別なアプリケーションがなくても、プリンタドライバーで面付け処理設定が簡単に行えます。

かんたんレイアウト

※オルフィスXに接続されている排紙オプションにより、設定できる機能が異なります。

■オルフィスX に最適なカラーで出力

独自のカラープロファイル「ComuColor™ Standard」を搭載。オルフィスX に最適なカラーで出力します。また、カスタムカラープロファイルをサポート。オリジナルプロファイルを読み込むことができます。

オルフィスX に最適なカラーで出力

■暗証番号の設定が可能

プリントジョブに暗証番号を設定して、データ内容を閲覧できないようにすることができます。

■バナー(情報)プリント

複数の人が使用する場合、誰がプリントしたものかをバナーで区別することができます。

■ジョブフィードバック

RIP 処理済みのビットマップデータをパソコン画面上で確認できます。

■モニタリング

プリントジョブの処理状況や、オルフィスX の稼働状況を、パソコンから確認できます。

ComuColorExpress IS900Cの接続環境

このページのトップへ

■ComuColorExpress IS900Cの主な仕様・価格

対応プリンター ORPHIS X9050 / 7250 / 7250A / 7200
CPU Intel® Core™2 Duo E6400 2.13GHz
メモリー容量 2GB
HDD 容量 320GB
使用領域 280GB(ジョブ受信エリア、ホールド・アーカイブ・フォーム保存・フォント保存)
OS Linux
インターフェイス Ethernet/1000Base-T, 100Base-TX, 10Base-T
PDL(ページ記述言語) Adobe® PostScript® 3™ 、PDF、PCL/PCL XL、TIFF
フォント 搭載フォント PS:和文/4書体(リュウミンライト-KL、中ゴシックBBB、小塚ゴシックMedium、小塚明朝Regular)
PS:欧文/139書体、PCL:欧文/80書体
ダウンロード 可能(フォント付属のインストーラーによる)
対応プロトコル NetBIOS、AppleTalk、LPR、IPP、FTP、Port9100(RAWポート)、TCP/IP、HTTP、HTTPs (SSL)、DHCP
※FTP:ホットフォルダ機能
※NetBIOS:プリント機能、ホットフォルダ機能
対応OS Windows® 2000(32-bit)、Windows® XP(32-bit)、Windows Vista®(32-bit / 64-bit)、Windows® 7(32-bit / 64-bit)、Windows Server® 2003 / 2008(32-bit / 64-bit)、Windows Server® 2012(64-bit)、Windows® 8(32-bit / 64-bit)
Mac OS X 10.4、Mac OS X 10.5、Mac OS X 10.6、Mac OS X 10.7、Mac OS X 10.8(64-bit)、Mac OS X 10.9(64-bit)、Mac OS X 10.10(64-bit)
電源 AC100-120V/220-240V、50/60Hz、2.5A/1.8A
最大消費電力 300W以下
大きさ 185mm(W)×415mm(D)×360mm(H)
質量 約10kg
理想価格 900,000円 [取付調整料 30,000円]

■ComuColorExpress IS900Cの主な機能

カラー管理 『ComuColor™ Standard』カラーマネジメント搭載
レイアウト機能 両面印刷、印刷の向き、変倍、面付け(小冊子、折り丁、Nアップ、連写)、とじしろ付加、とじしろ自動縮小、180度回転、印刷位置調整、画像位置調整
給紙・排紙機能 給紙トレイ選択*1、ページごとトレイ指定*1、原稿サイズ混在*1
排紙先指定*2、連続排紙*2、ソート単位設定、逆順印刷、
合紙*1(ジョブごと、区切りごと)
仕上げ機能 とじ方向指定、ステープル*2、パンチ*2、小冊子紙折り選択*2、 分冊処理*2、表紙別プリント*1、紙折り・折り方向選択*2、 原稿サイズ混在Z折り*1*2、オフセット排紙*2、 バナープリント、表紙付け*1
イメージ処理 カラーモード選択(オート、カラー、白黒、単色カラー)、解像度設定(標準、高精細)、スクリーニング選択(誤差拡散、網点)、文字スムージング処理、プリント濃度調整、ガンマ調整、カラープロファイル設定、最大ドロップ数設定
フォーム機能 フォーム登録、フォーム合成(一面合成モード、両面合成モード、一面+両面合成モード)
ワークフロー機能 印刷先設定(プリント、アーカイブ、アーカイブ後プリント)、出力キュー指定、キュー暗証番号指定、プリント&ホールド、セキュリティプリント、確認プリント、ジョブ分割処理、クラスタリング、ヘッダ/フッタ機能、コメント付加
Webコンソール機能 モニタリング機能 各種プリンター情報表示(一般情報、給紙トレイ情報、出力トレイ情報、環境、消耗品残量)
ジョブマネージャー機能 ジョブ処理状況表示:処理状況表示/
ホールドジョブ管理:プレビュー・出力指示(出力条件変更可能)/
アーカイブジョブ管理:プレビュー・出力指示(出力条件変更一部可能)/
マイジョブ管理:プレビュー・出力指示(出力条件変更可能)/
キュー管理:新親キュー追加・プレビュー・出力指示(出力条件変更可能)
履歴管理 アカウンティング情報(表示・ファイル保存・消去)、イベントログ(表示・ファイル保存・消去)
管理者設定機能 コミュニケーション設定、ユーザーマネージメント設定、ジョブ設定、イベントログ設定、モニター設定、バックアップ設定
対応ブラウザー Windows®:Internet Explorer Ver 6.0/Ver 7.0
Mac OS X:Safari 2.0/Safari 3.0
専用ユーティリティー RISO Management Tool(IP設定、ウェイクアップ)、 SMAP*3、Printer Installer

*1:ORPHIS X7200ではご利用になれません。
*2:オプションの排紙トレイまたはフィニッシャー接続時の機能です。オプションによって使用できる機能が異なります。
*3:Mac OS Xには対応しておりません。

●製品の仕様・価格は予告なく変更する場合があります。
●製品の写真、カラーサンプル等は印刷のため実際の色と異なる場合があります。
●保守サービスのために必要な補修用性能部品の最低保有期間は、本機製造中止後7年間です。
●お客様のご要望による機械の回収、引き取り、移動は、別途料金を申し受けます。
●記載の理想価格には税等は含まれていません。別途税等を申し受けます。
●RISOロゴ、ORPHIS、オルフィス、ComuColor、ComuColorExpressは、理想科学工業株式会社の登録商標または商標です。
●Interstageは富士通株式会社の登録商標です。
●Adobe、PostScript、PostScriptロゴ、ポストスクリプトは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
●Intel、Inrel Coreは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
●Windows、WindowsServer、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
●Mac OS、AppleTalkは、Apple Inc.の商標です。
●その他の社名・商品名は各社の登録商標または商標です。

カタログのご請求、製品に関するお問い合わせ お客様相談室 0120-534-881 受付時間10:00〜12:00  13:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

このページのトップへ

  • お問い合わせフォーム お客様相談室 0120-534-881 受付時間10:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

製品に関する重要なお知らせ