HOME > 製品情報 > ページプリンター プリオア > プリオア LP3045DN > 特長

プリオア LP3045DN

デスクサイドでスピーディーにプリント、経済性にも優れたモノクロプリンター。

基本性能

1枚1円*1の低ランニングコスト

プリオアは長寿命アモルファスシリコンドラムを採用。消耗部品交換の頻度を大幅に減らし、トナーを交換するだけで印刷を続けることが可能。A4・1枚あたりわずか1円*1という画期的なプリントコストを実現しています。

アモルファスシリコンドラム

  • *1:トナー価格より算出。JIS X6931(ISO/IEC19752)標準原稿換算、用紙代別。

45枚/分*1のハイスピードプリント

高性能CPUエンジンの搭載により、片面45枚/分*1の高速出力を実現。両面も22.5ページ/分*2で出力します。

  • *1:A4サイズ同一原稿出力時。
  • *2:2ページ=両面印刷1枚。

ファーストプリント、わずか「5.9秒*1

1枚目の出力まで、わずか5.9秒*1。少枚数のプリントが多いデスクサイドプリンターの場合、立ち上がりの速さが、そのまま快適性につながります。

  • *1:EcoFuserオン、Ready時、A4。
    EcoFuser:Ready時から印刷までの立ち上がり時間を短く、Ready時は定着の電気を切ることで消費電力を大幅に下げる、省電力モードです。

省スペースなボディーに両面印刷を標準装備

本体サイズは380(W)×410(D)×285(H)oとコンパクトながら、両面印刷機能も標準で装備。デスクサイドプリンターとして、有効に活用できます。

高精細プリントで、写真もシャープに再現

1200dpi×1200dpi(Fine1200)で高精細なプリントを実現。写真やグラフィックを多用したドキュメントなども、細部までシャープに再現できます。

このページのトップへ

利便性

テンキー採用で、快適な操作性を実現

プリント管理を効率化するテンキーを採用。部数入力や、メニュー選択、セキュリティー機能使用時のパスワード入力などが容易に行えます。さらに、電源ボタンやテンキー、LEDパネルを1ヵ所にまとめることで快適な操作性を実現します。LEDパネルはプリンターの稼働状況が確認しやすいよう角度をつけています。

使いやすいプリンタードライバー

アイコン形式メニューや縦型タブを採用し直感的な操作を実現。出力前にプライベートプリントのパスワードを設定することも可能です。

細線印刷が可能

バーコード印刷設定をすることで、コンビニ決済払込票などのGS1-128バーコードを精細にプリントするため、帳票などの出力機としても対応します。

USBメモリーからダイレクトにプリント

USBメモリー*1をプリンター本体に差して、ダイレクトにプリントすることができます。ファイル形式はTIFF、JPEG、PDF、XPS形式に対応しています。

  • *1:パスワード付きのUSBメモリーは使用できません。
    使用可能なUSBメモリーについては、お問い合わせください。

大量給紙を実現するオプションをご用意

本体の給紙カセットの容量は500枚。100枚収容可能な手差しトレイとあわせて600枚の給紙ができます。さらに、オプションのペーパーフィーダーPF-320(500枚/1段)を4段まで追加が可能で、最大2,600枚の連続給紙を実現します。

このページのトップへ

いつでも1枚1円以下*1を実現。しかも省スペース。「RISOハイブリッド・プリント・システム」。

「プリオア」と「リソグラフ」を組み合わせる「RISOハイブリッド・プリント・システム」なら、省スペースでコピーも印刷も可能に。いつでも1枚1円以下*1で出力できます。

リソグラフとプリオアを活用してコピーも低コストで。

リソグラフで原稿を読み取りプリオアからコピー出力することや、両面プリント、電子ソート*2などが可能です。リソグラフにオプションの自動原稿送り装置*3を使えば、多ページ原稿もスピーディーに読み取ることができます。

  • *1:〈プリオア〉トナー価格より算出。JIS X6931(ISO/IEC19752)標準原稿換算、用紙代別。〈リソグラフ〉A4、画像面積10%、同一原稿印刷時、用紙代別。
  • *2:電子ソート時には、リソグラフにオプションの自動原稿送り装置が必要です。
  • *3:オプションの自動原稿送り装置のリソグラフ対応機種について詳しくはお問い合わせください。
  • *4:リソグラフとプリオアをネットワーク接続した場合。リソグラフにはRISO Network Cardが別途必要な機種があります。詳しくはお問い合わせください。2色分版には対応しません。

※リソグラフのRLPモード設定時は、出力枚数に関係なくプリオアから出力します。RLPモードの出力時に利用できる機能には制限があり、プリンタードライバーで利用できる機能とは一部異なります。

このページのトップへ

ネットワーク

ネットワーク機能

ネットワーク機能に標準で対応。次世代プロトコル(インターネット通信手段)であるIPv6にも対応しています。また、ネットワークを介さず、無線LAN*1でプリントすることも可能です。

  • *1:オプションの無線LANネットワークインターフェイスボード[IB-51]が必要です。

多様なシステム環境に対応

オフィスで稼働中のさまざまなシステム環境との互換性を高めるため、PCL6をはじめとする多様なエミュレーションを標準装備しています。Windows環境はもちろん、基幹系の出力機器としての用途にも対応。またKDPL3(日本語ポストスクリプトレベル3)にも標準対応し、ポストスクリプト印刷、PDFダイレクト印刷も可能です。

このページのトップへ

セキュリティー

強化したセキュリティーで高い安全性を確保

SSLやIPsecの暗号化通信を標準で適用。データ通信の安全性を高めています。また、IEEE802.1xやSNMPv3の通信規格にも対応。不正なユーザーからのアクセスを防ぎます。

ネットワーク上のデータ送受信を暗号化

プリントデータの通信にSSL暗号化通信を適用し、不正アクセスによる印刷データの盗み見を防ぎます。また、IPパケット単位で暗号化を行うIPsecに対応。IP層での安全なデータ通信を行うことができ、パソコンとプリンター間のセキュリティーを高めます。

認証された機器のみネットワークの利用を許可

LANで使用される認証について規定したプロトコルのIEEE802.1xに対応、認証されていない機器からの通信をすべて遮断し、認証された機器にのみ通信を許可。これにより、不正なユーザーからのアクセスを防ぐことが可能です。

ネットワーク上の通信機器を管理制御

ネットワーク管理のためのプロトコルSNMPv3で、監視や制御の対象となる通信機器の設定管理を行うことができます。

カタログのご請求、製品に関するお問合わせ

お問い合わせフォーム

お客様相談室 フリーダイヤル®0120-534-881

受付時間 10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

このページのトップへ