スクリーン製版

データ作成の注意

  • 入稿データは出力原寸サイズで作成してください。
  • 100%の黒ベタ以外は、自動的に網点処理がはたらきます。網点にしたくない場合は、 100%の黒ベタで作成してください。

【Word、PowerPointなどで作る場合】

  • 文字、図柄を黒一色で作成してください。
  • PDF形式で保存してください。

【Illustratorで作る場合】

  • RGBモードで編集してください。
  • RGB=R0:G0:B0、もしくはグレースケール:K100で作成してください。
    (CMYK=C0:M0:Y0:K100では網点がかかります。)
  • テキストデータはアウトライン化・ラスタライズし、不要なレイヤーは全て削除し てください。
  • 配置画像は、JPEG 形式またはPSD 形式で「埋め込み」設定で作成してください。
  • アートボードに余白がある場合は、データはセンターに配置してください。

【Photoshopで作る場合】

  • テキストデータはラスタライズし、不要なレイヤーは全て削除してください。
  • 濃度の薄い部分はうまく製版されませんので、濃淡があるデータは、モノクロ2階調 で保存してください。
  • スキャン画像等を使用する場合は背景に濃度データ(アミ)が残っていないか確認し てください。
    1%でも残っている場合は製版に反映されてしまいます。

文字やイラストの場合

  • 印刷したい部分を黒く塗りつぶし、黒1色で原稿をつくります。
  • 細すぎる文字や線、カスレはうまく印刷できないことがあります。なるべく線がハッキリした原稿をつくりましょう。

文字やイラストの場合

写真やハーフトーンの場合

2つのモードでの画像処理がお選びいただきます。
①網点処理:原画の濃淡を規則的に並んだドットで表現します。布への印刷の場合、線数は50〜70がおすすめ。
②誤差拡散:網点処理では表現できない線や輪郭と、原画の濃淡を両立して表現します。

写真やハーフトーンの場合

お問い合わせ

このページのトップへ

理想のTシャツコンテスト