理想科学は、健診センター・医療機関の印刷物作成業務における課題解決策をご提案いたします。

健診結果票の封入封かん作業に宛名貼り、誤封入チェック等、複数人で対応しても毎日4?5時間かかってしまう。

オルフィスGDで、封入物の印刷から三つ折り、封入封かんまで全自動処理。

宛名印刷も自動化されるので、個人情報も
人の手を介さず、作業を効率化できます。

大切な個人情報である健診結果票。気をつけなければいけないのが誤封入です。オルフィスGDは高速で封入物の印刷から、三つ折り、封入封かんまで自動処理できるため、労力もかからずヒューマンエラーも回避でき、作業時間を大幅に短縮できます。

この課題を解決するのは

オルフィスGD + ORメーリングフィニッシャーⅡ
印刷から封入封かんまで自動化できます。

会議や研修の資料は、部数も多いため、出力作業に相当な時間がかかっている。

プリンター複数台分の作業を、オルフィスGDが一台で高速処理。

印刷からくるみ製本まで自動化できるから、
作業時間を大幅に短縮できます。

オルフィスGDの印刷速度は、毎分160枚*1。数千枚のプリントも短時間で処理でき、作業の効率化を実現します。印刷単価は、フルカラー1枚あたり1.44円*2(モノクロ0.50円/枚*2)と、経済的なコストで、フルカラーで見やすい印刷物を作成することが可能です。また、くるみ製本機能で会議や研修の資料、論文を手間なく自動で冊子にすることができます。

この課題を解決するのは

オルフィスGD + ORくるみ製本フィニッシャーⅡ
印刷からくるみ製本まで自動化できます。

*1:オルフィスGD9630/9631の場合。A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント、GDフェイスダウン排紙トレイ使用時。 *2:A4普通紙片面、RISO GDインク F使用時。カラーは解像度300dpi、測定画像にISO/IEC24712に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。モノクロは解像度600dpi、測定画像にISO/IEC19752に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。用紙代別。 ※ORメーリングフィニッシャーⅡ、ORくるみ製本フィニッシャーⅡはオルフィスGDシリーズのオプションです。同時に接続することはできません。

オルフィスGDは、
健診センターや医療機関の
幅広い印刷業務で
活躍します。

サンプル