学校法人花田学園 東京有明医療大学様の導入事例

念願だった教材のカラー化を実現できました。広報活動でもオルフィスは大活躍しています。 学校法人花田学園東京有明医療大学の皆さん

鍼灸学科、柔道整復学科、看護学科を開設する東京有明医療大学では、教育の質の向上を目的としてオルフィスが導入されました。導入後は、教材だけでなく広報活動や学生のモチベーション向上にもオルフィスを活用されています。

オルフィス導入を決めた理由

学校法人花田学園
東京有明医療大学
准教授 木村明彦様

学校法人花田学園
東京有明医療大学
情報センター 山崎健様

カラーでないと分からない図や写真があります。コスト面でカラーを使えないのが無念でした。

本学は鍼灸師や柔道整復師、看護師などの資格取得を目的とした保健医療学部と看護学部で構成されています。当然、科目は医療系のものが多いわけですが、これまでは授業で使用する教材を印刷するのにコスト面や時間面での制限があり、モノクロでの印刷を中心にしなくてはなりませんでした。私は解剖学を教えていますが、モノクロ印刷ですと例えば解剖の図では細かい神経や血管が見えにくいという問題がありました。このため、学生に配布する資料はモノクロ印刷し、パワーポイントはカラーで映示するという対応をしていました。しかし、やはり手元資料がモノクロだと家での復習などには弊害があります。そこで、カラーコピー機やカラーレーザープリンターを使って必要な部分だけをカラーで印刷するということも行ったりしていました。しかし、カラーコピーは1枚25円もかかることから、基本的には教材には使用しないという決まりがあります。また、学生1人に3枚をカラーで印刷するとしても、多い時には150人分を作らなくてはならず、大変な時間がかかります。昼間の印刷が集中する時間だと印刷渋滞のような事態も生じていました。さらにカラーレーザープリンターで写真などの面積の大きな資料を100枚近くも印刷すると、紙が熱を持ってトナーが上の紙に張り付いてしまうため、付きっきりで紙を取り出さなくてはなりませんでした。このような事情から、朝の7時半ごろに出勤して、カラー印刷をしたりしていました。それでも、すべてのページをカラーで作れるわけではないので、カラー印刷した紙と輪転機でモノクロ印刷した紙を丁合しなくてはならず、その手間も大変だったのです。
こういう事態を打開したいということで、オルフィスが導入されました。

オルフィス導入の成果

オルフィスで自由にカラーが使え学生にも好評。
時間も削減できて教育の準備に充てられます。

オルフィスを導入してからは、素晴らしい効果が発揮されています。まず、すべての教材についてコストを気にせず心おきなくカラー印刷できます。この点で、一番反応があったのは、「カラーだと分かりやすい!」という学生たちの声でした。映像や板書から絵を書き写したり、モノクロ資料に色を塗るのは大変な手間ですが、カラー教材を配布することで、そうした学生の苦労もなくすことができました。そして私の場合は試験問題もカラーにしました。試験問題にも図や写真を使うからです。国家試験の問題もカラーで出題されるので、以前からそうしたかったのですが、オルフィスにして念願がかないました。
もちろん、手間と時間も大幅に少なくなりました。以前は何時間もかかっていた印刷が10分もあれば終わりますし、付きっきりで居る必要もありません。オルフィスは「残り時間があと何分」と表示されるので、授業前の短い時間に印刷する場合でも他の準備もできます。しかもオフセット排紙トレイを使用すれば、1部ずつ横にずれて出てくるので、ホチキス作業も簡単です。
導入後の印刷量は想定を大きく上回り、資料が厚くなったと言われますが、オルフィスを導入していなかったら、やっていなかったでしょう。その分、学生へカラーの分かりやすい資料として還元できていると思っています。カラーで分かりやすくなった上に、印刷にかけていた時間を内容の準備に回せるので、教育にとってのメリットはとてもあったと考えています。

5年間で百万円のコスト削減を実現。
学園祭のパンフ印刷など学生も活用しています。

オルフィスを検討した際に、導入後のコストを試算すると、5年間で導入コストをカバーできた上に、さらに100万円の削減ができることが分り、それで導入を決めました。先生方にはコスト面から可能な限りオルフィスのご利用をお願いしていますが、そのほうが便利であるためか自然とオルフィスが使われるようになっています。このように、本学にとって教材作成以外でもオルフィス導入は大きな効果をもたらしています。
たとえば、授業の中のグループワークで学生たちが作成した冊子をカラー印刷したり、学園祭のパンフレットを印刷したりということに、オルフィスは活用されるようになり学生たちのモチベーション向上にも寄与しています。
さらに、意外なところでオルフィス導入の効果がありました。たとえば、パワーポイントのスライドを印刷する時に、面付け機能を活用すると、A4の1枚に8面を入れても、ソフト側の6面付けより1面当たりが大きく見やすく印刷できるのです。とても簡単な作業で書籍の見開きをA3裏表に16面印刷することもできます。行き帰りの電車の中で読むには適量だと先生方に大変喜ばれています。

オープンキャンパスの案内を緻密化。
きめ細かな広報が可能になりました。

オルフィス導入によって広報活動も大きく変わりました。まず、オープンキャンパスの案内の作成ですが、これまでは年に1回まとめて1年分の予定を外注で印刷していました。それを入学案内に同封したり、個別に配布したりしていたのですが、まとめて印刷してしまうので、大量に在庫しておかなければなりません。しかもスケジュールやプログラムを変更することもできませんし、学科ごとにフォーカスしたものを作成したりすることも不可能でした。それが、オルフィスならすぐに増刷できるので大量在庫しておく必要がなく、内容変更にもフレキシブルに対応できるようになりました。
そのほか、教職員対象のイベントの案内や「学生相談」の案内、クリニックの案内、大学周辺の方を対象にした血管年齢測定の被験者募集のお知らせなどにも用途は広がっていて、オルフィスを活用することはこれからも増えていくと思います。

学校法人花田学園 東京有明医療大学

東京湾に面した開放的なウォーターフロントに2008年開設された、保健医療学部(鍼灸学科・柔道整復学科)と看護学部(看護学科)の二学部三学科より構成される四年制大学。現代医療と伝統的な東洋医学の学問体系を総合的に学べる教育課程(カリキュラム)を編成し1学年におよそ150人が学んでいる。

カタログのご請求、製品に関するお問い合わせ お客様相談室 0120-534-881 受付時間10:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

  • お問い合わせフォーム お客様相談室 0120-534-881 受付時間10:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)
  • 印刷後の加工までオルフィス一台で。