公益社団法人大阪府看護協会 教育研修部様の導入事例

カラー化で資料が見やすく、研修も充実。時間短縮と残業削減で、本来の業務に専念。

公益社団法人大阪府看護協会 教育研修部 様

会員看護師のスキルアップを目的に研修をおこなう大阪府看護協会様は、1回の研修で資料を1万枚以上プリントすることも珍しくありません。これまではプリント速度が遅く、丸1日機械に付きっ切りでしたが、オルフィスEX導入後は2〜3時間で資料が完成。カラー化で視認性が高くなり、パワーポイントの面付け数を増やせたことで紙の使用量は3分の1に。カラーの原稿を白黒印刷で見やすくするためにおこなっていた画像修正の手間もなくなり、本来の業務に専念できるようになったそうです。

患部の写真は白黒だと使いものにならない。

当会では一人でも多くの会員看護師により高いスキルを持ってもらうため、看護実践能力向上や専門性強化のための会員研修をおこなっています。研修は1年間で100回以上、講師を招いて毎日のように開催しています。研修資料は1部20〜40枚で、受講者数は100〜300人。合計1万枚以上印刷することも珍しくありません。
これまで使っていた機械はプリントスピードが遅く、小冊子印刷では20冊でトレーが一杯になるため、半日から1日かかり、その間ずっと機械の傍についていなければなりませんでした。それがオルフィス EXのスピードなら、2〜3時間で勝手にできあがっているのが嬉しいですね。
カラー化も大きな望みでした。研修資料は各講師がパワーポイントで原稿を作成し、研修教育部に送られてくるのですが、モノクロでは見づらく内容も伝わりにくいという難点がありました。用紙削減のため、パワーポイントの画面を1枚の用紙に多面付けしたいのですが、縮小印刷すると判読しづらくなります。モノクロ印刷だと読みにくく、2面付で印刷するのが精いっぱいでした。特に患部のカラー写真などは白黒だと使いものになりません。そのため、少しでも見やすいようにと原稿の色調整などをおこなっていたため、毎日1〜2時間残業するのが当たり前。さらにプリント時間がかかっていたので、先生には1週間前に入稿してもらうようお願いしていました。

紙の量は3分の1、残業も少なくなりました。

オルフィスEX導入後は資料が見やすく、内容も伝わりやすくなりました。講師の先生方や受講した会員からも資料が見やすくなったと好評です。カラーになったことでパワーポイントの画面を6面付にしても読みやすいので、紙の使用量が3分の1になって、紙代もコストダウン。カラー画像をモノクロに修正するための残業もなくなり、より良い研修を開催するという教育研修部本来の業務に専念できるようになりました。研修資料の事前の修正や印刷速度自体が速くなったことで、講師に原稿の催促をすることもなくなりました。今では前日の昼までに原稿が届けば間に合います。講師にも気持ちの余裕ができたのか、研修内容をじっくり練ることができ、中身も充実していると感じます。フライヤーや様々な告知チラシもカラー化したことでPR効果が上がっています。看護師は女性が多いので、カラフルできれいなものを好まれるのではないでしょうか。
少部数の印刷物が内部で印刷できるようになったので外注が減り、外注費や業者との打ち合わせ時間も削減。こうした目に見えない人件費の削減にも効果があると思います。オルフィスEXを導入したことで、研修がわかりやすくなり、内容も充実。それは協会が目指す本来の目的である、会員看護師のスキルアップにつながっていると思います。

  • お問い合わせフォーム お客様相談室 0120-534-881 受付時間10:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)
  • 印刷後の加工までオルフィス一台で。